葬儀に遅刻してしまいそうな時に連絡をするべき所について

葬儀に遅刻しそうな時の対策方法とは

必ず親族の誰かに連絡をする

一般的に葬儀に遅刻するというのはマナー違反になりますし、相手にも不快な思いをさせてしまう場合もあります。
通常であれば葬儀に間に合うように早めに自宅を出て向かうのが基本になりますが、前の記事でも紹介したように、何かのアクシデントに巻き込まれてしまう可能性もあるのでやむ終えず遅刻してしまう事もあります。
このように、葬儀に遅刻してしまいそうになる場合の対処法がいくつかあるそうです。
地域や宗教上のしきたりによって様々な違いはあるでしょうが、葬儀を欠席するのは大変失礼なのでいくら遅刻しそうだからと言って無断で欠席をする事はやめましょう。

葬儀は、本来通夜と葬式をする為最低でも2日間は時間がかかります。
しかし、最近は高齢化も進んできている為、あまりにも高齢者の参列が多い場合は通夜と葬式を一緒にして1日で終了させてしまうというケースも増えてきています。
高齢者の場合、遅刻をしても仕方がない部分があると思います。
このようなケースの時には時間を決める事なく、自由な通夜スタイルでお線香をあげるようです。

他の葬儀に遅刻しそうな時には、どんなに遅れそうでも通夜には駆けつけるのがマナーになっています。
それはあまり親しくない間柄でも言える事だそうです。
あまりにも大幅な遅刻になりそうな時には、斎場に電話をして担当者か責任者に遅刻する旨を伝えておくようにしましょう。
何故かと言うと、遺族が会食の会場や部屋を借りている時間の関係もあるからです。

おすすめリンク

▲ PageTop