葬儀に遅刻してしまいそうな時に連絡をするべき所について

>

待ち合わせをしている場合

葬儀が始まっていない場合

親しい関係の人の葬儀であれば友人や知人が多く参列している事があります。
もしまだ葬儀の時間に余裕があるのであれば、斎場に来ている人に近くまで迎えに来て貰うと良いと思います。
田舎の場合だと多くが車で移動するのが基本になると思います。
そのような時に交通トラブルが起きたりすると中々復旧に時間がかかる事が多いです。

待っていても来ない事が多いので、ほとんどは前の記事でも紹介したように、すぐにタクシーに乗り換えていくのです。
ですが、中には斎場の場所がいまいち分からない人もいると思います。
説明するにしても上手く伝わらなくて困る事でしょう。
そんな時には、斎場に来ている友人や知人で車で来ている人に連絡をして迎えに来て貰うと安心だと思います。

遠方から身内の葬儀に参列する場合

遠方から身内の葬儀に参列する事あるでしょう。
ですが、もし当日に寝坊してしまう場合もあると思います。
そんな時はすぐに親族に連絡をしてすぐに現地に向かいましょう。
身内の葬儀であれば仮に葬儀に間に合わなくても後で故人にお線香をあげたり顔を見る事は可能だと思います。

子供を連れて参列する人も中にはいるので、子供がぐずったり寝坊してしまう事もあるので、その際にはそのような理由で葬儀に遅刻しそうだと言うのを伝える事です。
前の記事でも紹介したように、葬儀に欠席をする事は失礼にあたるので無断で欠席をする事だけは注意して下さい。
それで、斎場に到着したら親族が全員集まっていると思うので、きちんと一人一人に謝罪をしてから故人の祭壇に向かうようにした方が良いと思います。


この記事をシェアする
▲ PageTop