葬儀に遅刻してしまいそうな時に連絡をするべき所について

>

会社関係の葬儀の場合について

喪服のままで行かない事

友人や知人に葬儀の前日か終わった後に会う約束をしている人もいると思います。
地元で親しい人または身内の葬儀があって参列する場合、通常であれば当日の朝早くに出て行く事でしょう。
しかし、前日にしか友人の予定が空いていない事もあると思います。
このような場合に予定をキャンセルするか仕事が終わってから地元に向かうかのどちらかになります。

独身者の多くは前日に帰省をして友人や知人と会って飲んだり食事をするそうです。
この時に、明日葬儀があるからと言って喪服を着た状態で行く事はやめましょう。
きちんと私服を着て喪服はキャリーケースに入れて明日着れる状態にしておくのです。
荷物が少ない方が良いと言う考えもあると思いますが、葬儀の時にだけ喪服を着るのが一般の常識ではないかと思います。

遺族側がホテルを用意している場合

わざわざ遠い所から葬儀に参列してくれる人達の為に、遺族側がお礼を兼ねてホテルを予約している場合もあります。
特に、前日に来る事が分かっている場合に手配するそうです。
通常であれば参列者自身がホテルの予約をするのが普通ですが、本当に親しい間柄や親族であれば多くの人がそうすると思います。
故人の遺志でそのようにするケースもあるようです。

本当に生前お世話になった感謝をこのような形で示す故人も最近では増えてきました。
生前の遺言を作る人も増えたのが関係していると思います。
様々な形での葬儀と言うのが近年多くなった事から葬儀に遅刻する人を出さないように遺族側が配慮するようです。
その場合にはきちんとお礼を返すのがマナーだと思います。


この記事をシェアする
▲ PageTop